karilun東大阪市 一人暮らしでも広めの部屋を、
掲載しているページです。

一人暮らしでも広めの部屋イメージ

一人暮らしでも広めの部屋

単身様がお部屋を選ぶときの基準はさまざま。駅から近い、セパレート、エアコン付き、インターネット無料、1DK…、そんなお部屋選びの基準で、以外と見落としがちなのは「お部屋の広さ。」 間取りが1DK、1LDKだからといってお部屋が広いとは限らないのです!この特集では、広いお部屋の便利な特徴をご紹介いたします!

ゆったりとした収納スペース!

一人暮らしでも広めの部屋イメージ

通常の一人暮らし用の賃貸物件で困るのが収納です!住み始めはそうでもないのですが、そのうち物が増えていき、だんだん置き場に困ってきます。

思い切って断捨離するのもいいですが、広いお部屋であれば、最初から大きな収納スペースがついていることもありますので、収納家具を置くことだってできます。収納に悩んだ覚えのある方は、ぜひ「広さ」にこだわってみて下さい!

友達をたくさん呼べる!

一人暮らしでも広めの部屋イメージ

「友達をたくさん呼ぶことがある」「泊まっていく友達がいる」そんなあなたにも、広い部屋がオススメです!

(そんなに広くない部屋に4、5人の友達がいることを想像してみてください。結構ぎゅうぎゅうです…)広い部屋であれば「バス・トイレ別」のセパレートタイプであることも多いので、泊りがけで友達が遊びに来ても、一人がお風呂に行っている間、他の人がトイレに行けない…ということはなくなりますよ!

※全ての「広い部屋」がセパレートタイプとは限りません。

レイアウトやお部屋の模様替えが楽しめる!

一人暮らしでも広めの部屋イメージ

誰しも、最初に決めた家具などの配置を変えたくなる時期が訪れるものです。どうせならカッコイイ部屋にしようと、模様替えの雑誌を片手に、あれこれ空想するのって楽しいですよね。

『シックな部屋にしようかな?』『思い切って和モダンな部屋を目指そうかな?』そんな時、部屋が広ければ様々な配置が楽しめ、たくさんの物を置くことが出来ます。

例えば、家具や電化製品のレイアウトの選択肢も広くなりますよ。昔と違い、現在の家具・家電は機能だけでなくデザインも洗練されていますから、今のお部屋に合うか、理想の雰囲気かどうか色々イメージするだけでも楽しむことができます。ぜひ思い切ったお部屋の模様替えにチャレンジしてみてください!

トップへ戻る